二日酔い対策に風呂ってどうなの?

熱い風呂
「二日酔いの時は熱い風呂やサウナにはいって汗をかくといい」という声がありますが、これは実は間違いです。二日酔いは、体内でアルコールの分解途中にでる物質のアセトアルデヒドの毒性が頭痛や嘔吐などを引き起こす症状です。肝臓のアルコール分解能力は、1時間におよそアルコール10ccといわれていますが、それを超える量を飲むことで、分解しきれなかったアセトアルデヒドが血液中に流入して起こります。

 

風呂にはいって汗をかくことはたしかにアセトアルデヒドの排出を促進しますが、二日酔い時は基本的にアルコールによって脱水作用が脳を含む全身で起こっているため、そのままで汗をかくのは血中のアルコール濃度を上昇させてしまい、脳卒中になる危険があります。

 

またアルコールの分解には大量の水分が必要です。入浴での発汗はアルコールの分解に必要な水分を奪ってしまいます。脱水症状のままではアルコールが分解されにくいため、酔いがなかなか抜けず二日酔いも長引きます。血中の水分まで奪われるといわゆるドロドロ血液になって、他のトラブル原因にもなりかねません。

 

サウナは基本的に高温なので急激な体温上昇があり、脱水症状を押し進めるだけでなく、心臓への負担も大きいので飲んだあとはNGですが、しっかり水分補給をしたあと、ぬるま湯につかる場合やシャワーを浴びるのは発汗効果を促進する効果があり二日酔い対策に効き目があります。特にシャワーは心臓への負担が少なく、血行が促進されアルコール等の分解も活発になるので、心臓が悪い人にも活用できますね。また二日酔いに効き目があるアロマを利用したハーブ湯なども発汗効果を促進したり、体調を整えたりするのでおすすめです。

 

重複しますがくれぐれも水分をとらないまま入浴するのはやめましょう。スポーツ飲料など水分を素早く摂取できるものを飲んでからお風呂にはいることが重要です。肝臓の機能を助けアルコールの分解をサポートするビタミンや糖分が入ったフルーツジュースなどもよいでしょう。

 

いずれにしても、酔っぱらった状態で風呂に入ると昏倒や寝てしまうなどの危険もありますし、頭痛や嘔吐がひどい時にはかえって悪化する場合もあるのでやめておきましょう。特に一人暮らしでは要注意です。

しじみ習慣