二日酔い対策に運動は適切?

運動
アルコールを抜くためには汗をかくこと。二日酔い対策の基本の1つですね。ただ、だからといって「二日酔い対策のために走る!」という方、ご注意ください。汗をかく前にやっておかねばならないことがあります。それは水分補給!上記の利尿と発汗を促すためにも、まずはしっかり水分を身体に入れなければなりません。

 

特に、お酒を飲むと肝臓がアルコールを分解するのですが、その時に体内の水分がたくさん消費されます。実際、軽い脱水状態になってる方もいます。アルコールの分解を迅速に行うためにも水は必須です。アルコール度数の強いお酒のあとにチェイサーとして水を飲むのは理にかなっています。口直し以上に二日酔い対策の意味も大きいわけですね。

 

それをせずに運動などで発汗だけを優先すると、血液中のアルコール濃度が上昇し、二日酔いは悪化します。また脱水症状がよけいにひどくなって、非常に危険です。通常でも水分補給なしの筋トレやランニングなどの運動はNGなわけですから、二日酔いの状態でそれを行ったら、よけいに気分が悪くなったり、症状が長引いたり、違う弊害が出たりします。肝臓もアルコールが分解できないまま負担が増え、デメリットしかありません。

 

一方、二日酔いしにくい身体を作ることを目的に、日頃から適切に運動を行うのは非常に正しいです。筋肉を鍛えることで血流をよくし、肝機能を含め代謝力を高めることで、アルコールの分解能力もアップすることが可能です。ただ、そのためには毎日の運動の習慣化が必要で、飲み会の前にいきなり運動しても効果はありません。逆に疲労によって悪酔いしやすくなる恐れの方が大きいです。

 

二日酔い対策にはなりませんが、二日酔いでもどうしても運動をしたい場合、普段以上に水分補給を行い、ランニングなら遅いスピードで走ったり、筋トレも負荷を軽くして行うなど、脱水症状に十分注意して行う必要があります。いずれにしても二日酔いのための運動というのは、あまりお薦めできない方法です。

 

ついでにいうと、運動のあとのお酒も内蔵に負担がかかりやすいので、肝臓のことを考えて適量を守って飲むことが大切です。二日酔いのあとの運動で、ビールを飲むといった乱暴な行為にはご注意くださいね。

しじみ習慣