二日酔い対策だけではない!にんにく注射の実力

注射
点滴と同様に医療系の二日酔い対策として人気があるのが、にんにく注射です。一般的に滋養強壮に効くイメージの強いにんにくですが、アルコールの分解で疲れた肝臓機能を保護・回復させる効果があります。にんにく約50個分に相当する栄養を配合しているともいわれています。

 

疲れがたまっている時でも、断れない接待や飲み会ってありますよね。そういう時は肝臓の機能も低下しているので、普段はお酒に強い人でもひどい二日酔いになりがちです。にんにく注射は、飲んだ後の2日酔い対策だけでなく、お酒を飲む前の二日酔い予防としても効果があるので、そんな時に利用する方も多いようです。基本が疲労回復対策なので「たまった疲れがなかなかとれない」「どうも調子が悪い」「だるさが抜けない」といった時にもおすすめです。

 

にんにく注射といっても実際ににんにくが入っているのではなく、注射液が入っていくときににんにくのにおいが感じられることからそう呼ばれています。にんにく注射の成分は、病院やクリニックで異なりますが、アルコールの分解に必要なビタミンB1やビタミンC等を豊富に含んでいます。にんにく臭はこのビタミンB1に含まれる硫黄によるものです。注射後にはにんにく臭は消えるので、人と会う予定があっても安心して利用できます。

 

にんにく注射は、静脈に直接注入するので即効性があり、プロのスポーツ選手や芸能人でもリピーターが多いようです。口コミでも「注射直後から体が軽くなる」「疲れがとれた」など、すぐに効果が出るのがありがたいですね。

 

にんにく注射の効果・効能は幅広く、二日酔い対策だけではなく、全身疲労・倦怠感や精疲労、食欲不振、腰痛・筋肉痛・神経痛や肩こり・冷え性、肌荒れ・口内炎などにも効き目があります。一般の病院だけでなく、美容外科や皮膚科などでも行っているので、疲れたな、と思ったらいつでも気軽に処方してもらえますね。早めの疲労・二日酔い対策で、元気にお酒を楽しみましょう。

しじみ習慣