二日酔い対策で吐いた方がいいってホント?

吐いた方がいい
二日酔い対策として「飲み過ぎたら吐いた方がいい」という声を聞くことがありますが、これは基本は NG!とくにわざと指を口にいれるなどして吐く行為は身体を傷めるだけです。

 

実際飲み過ぎでがまんできずに吐いてしまうケースは、経験者も多いと思います。たしかにそこまでひどいと、吐くことでアルコール分が出て、おなかが少しは落ち着くので、悪酔い対策としての効果ゼロとはいえません。

 

ただし、吐いてマシになるのはアルコールがアセトアルデヒドになる前だけです。毒性の強いアセトアルデヒドに変わると、二日酔いは避けられません。また吐くことだけでは、全部のアルコールを排出はできないので、有効な二日酔い対策とはいえません。「飲んですぐ吐く」を繰り返せばまた違うかもしれませんが、お酒を楽しむ行為とはいいがたいですよね。

 

そして、なにより恐ろしいのは、消化液によるダメージです。いったん消化器にはいったものを吐く場合、アルコールだけでなく酸性の消化液も一緒に吐き出すわけなので、食道や歯や口腔内をただれさせたり、歯をとかす危険性があります。消化液に負けないバリアをもっているのは胃だけということを記憶しておいてください。肉をも溶かす消化液が身体を逆流することの大きなダメージは想像できますね。食道炎が悪化して食道がんになるケースもあるようです。

 

また嘔吐そのものが身体を疲弊させ、だるさを引き起こします。かえって連続的な嘔吐を引き起こす場合もあるので、わざと吐く行為はやめてください。酔っぱらった状態で吐くと、吐物が肺に入ってしまうこともあり、場合によっては肺炎や窒息して亡くなるケースも報告されています。悪いことの方が圧倒的に多くてメリットは皆無ですね。

 

吐くとその場はたしかに楽になりますが、見えないところで体に絶大な負担をかけていることを念頭において、吐くまで飲まない!どうしても飲まなければならない場合は他の二日酔い予防対策を行うようにしてください。

しじみ習慣