二日酔いの症状にはそれぞれ違う原因があるのです

二日酔い男性
二日酔いの原因には様々な要素があるのですが、原因が異なると現れる症状にも違いがみられるといいます。そこでここでは代表的な原因とその原因によって起こりうる症状に関して紹介しましょう。

 

二日酔いの原因として多いのは、アセトアルデヒドによるものです。アセトアルデヒドはアルコールを分解するときに生じる物質で、有毒とされています。日本人はこのアセトアルデヒドを分解する酵素の分泌能力の弱い人が多いといわれています。このため、アルコールの分解が終わってもなお、アセトアルデヒドが体内に残るので、二日酔いを引き起こしやすくなります。アセトアルデヒドが原因の二日酔いの場合、頭痛や吐き気、体のだるさなどが代表的な症状として起こります。

 

アルコールの分解は肝臓で行われますが、この時大量の水分を消費します。お酒を飲むとトイレが近くなるという経験がありませんか?これはどんどんお小水として有毒な物質を排出しようとするために生じます。アルコール50gを摂取すると600〜1000ml程度の水分を失うといいます。脱水症状を引き起こすと頭痛や体のだるさ、食欲不振を引き起こしやすくなります。
日本酒を飲んだ翌日、頭がガンガンするような頭痛に見舞われたという経験を持っている人もいるでしょう。これは日本酒には、アデノシンという成分が含まれているのが原因です。アデノシンには、血管を拡張する効果があります。この効果は気分を高揚させる働きもあるので、お酒を楽しく飲める側面もあります。しかし血管の拡張した状態が長く続くと炎症を起こしやすくなって、あの独特の頭の痛みになってしまいます。このように二日酔いの原因が異なれば、現れる症状も変わってきます。

しじみ習慣

原因が異なると二日酔いの症状の表れ方も異なる?記事一覧

二日酔いになると翌日がつらいです。そこでできる二日酔い対策はなるべくすべて行うようにしましょう。その中でも、重要なのはお酒を飲む前、もしくは飲んでいるときに食べ物を食べるように心がけるのはとても重要です。二日酔いになりにくくするためには、アルコールの吸収をなるべく遅らせるのが大事といわれます。もし空腹の状態でアルコールをいきなり流し込んでしまうと、アルコールの吸収効率が高まってしまいます。血中のア...

仕事が忙しくて納期に間に合わせるために睡眠時間を削って作業を続けたという経験はありませんか?そして晴れて仕事が終了してひと段落したときに、自分にご褒美をあげたいと思うでしょう。辛い寝不足の状態から解放された喜びで、つい一杯と思ってしまうかもしれません。しかし寝不足の状態でお酒を飲むと、普段あまり起こらない二日酔いに悩まされる可能性は高まります。なぜかというと、寝不足の状態が続くと体の機能が全体的に...

お酒の飲み方でちゃんぽんがあるのを知っていますか?ちゃんぽんとは、いろいろな種類のお酒を混ぜて飲むスタイルをさします。つい飲みの席で酔っぱらって気持ちが大きくなって、盛り上げようと思ってちゃんぽんをする人もたびたび見かけます。このちゃんぽんですが、普段の別々に飲むスタイルと比較して酔いが回りやすくなります。これはなぜかというと、お酒の味が関係しているかもしれません。例えばビールならビール、日本酒な...

スーパーなどで販売されているお酒を見てみると、かなり価格に開きのあることがわかります。日本酒やワインを見てみると、1本数千円とか数万円するようなお酒もある一方で同じような量で500円程度の価格で販売されているものもあります。酒飲みの間では、安物の酒を飲むと二日酔いしやすいといわれます。結論から言いますとビールは例外ですが、それ以外のお酒であれば安物のお酒の方が悪酔いしやすいですし、二日酔いにもなり...

二日酔いとは、アルコールを分解した過程の中で生じる有毒物質のアセトアルデヒドの分解が完璧にできないことで生じるといわれます。このアセトアルデヒドやアルコールを分解するためには、3種類の酵素がかかわっています。アルコール分解酵素として、ADH2とADH3があります。そしてアセトアルデヒド分解酵素の中に、ALDH2と呼ばれる酵素があります。この3種類の酵素は、両親から血液型を受け継ぐのと同じで遺伝によ...