二日酔い対策の最強成分を最大限に有効活用しよう

成分
二日酔いは、体内に入ったアルコールが肝臓でアセトアルデヒド→酢酸に分解→水や二酸化炭素と分解されていき、最終的に体外へ排出されます。このアセトアルデヒドは毒性の強い物質ですが、アルコール量が肝臓の分解能力を超えると、アセトアルデヒドが体内を巡って頭痛や吐き気、その他の二日酔いの症状を引き起こすのです。

 

二日酔い対策としては、「ベースである肝臓や胃の機能を守ったり高めたりすること」「分解能力をアップさせアルコール代謝を助けること」「アセトアルデヒドの分解・排出を促進すること」が重要といえます。こうした機能をもつ成分の入った食べ物、飲み物や、ドリンク剤・錠剤などの薬を摂取することで、二日酔いの予防やケアをしましょう。

 

肝機能をアップし、アルコールの分解を助ける成分として有名なものにウコンに含まれる「クルクミン」、ゴマに含まれる「セサミン」があります。また、牛乳などの「乳脂肪」は胃や肝臓を保護する効果があります。オクラや納豆に含まれるネバネバ成分のムチンも粘膜を保護してくれます。お酒を飲む前に摂取しておきたいですね。飲みに関わらず日頃から活用することで、アルコールに強い体質作りにも役に立ちます。

 

空腹だとダイレクトにアルコールが消化器に流れ込み、酔いが早まります。なにか食べることでお酒の量も控えられますし、胃腸を守ることも可能です。ネギ、ニラ、にんにくなどは肝臓のアルコール代謝に必要なビタミンB1が豊富です。アルコールで阻害されやすいビタミンCもしっかり補いましょう。お酒のつまみにもよいナッツ類にも代謝促進効果があります。カロリー等も考えながらバランスよく取り入れたいですね。

 

残念ながら二日酔いになってしまった場合、まずは水分を摂ることが最優先です。肝臓がアルコールを分解するには大量の水が必要で、脱水症状になりがちだからです。できればセトアルデヒドの分解を促進するビタミンや、糖分も補えるスポーツドリンクやフルーツジュースを飲みましょう。二日酔い対策として有名なシジミの味噌汁はタウリンが肝臓の解毒作用を高めます。

 

他にも二日酔いに効き目のある成分があります。自分の体質と体調にあわせて効果的に成分を摂取し、最も効果のある二日酔い対策を行ってください。

 

二日酔いをおこす成分を素早く分解・排除

水分補給
お酒は通常は肝臓で分解され、最終的には対外に排出されます。二日酔いは、アルコール飲料を飲み過ぎて肝機能以上に摂取してしまい、肝臓での分解が間に合わず、アルコールが抜け切らない状態をさします。厳密にいえば、分解の途中で作られるアセトアルデヒドのもつ毒性が、頭痛や嘔吐などの二日酔いの症状を引き起こします。

 

単純にお酒の量が許容量をオーバーしているということもありますが、疲労や睡眠不足、ストレスなどで肝臓が弱っていたり、代謝力が低下していて、いつもなら酔わない量で二日酔いになってしまうケースもあります。

 

アセトアルデヒドの代謝酵素を「アセトアルデヒド脱水素酵素」といいますが、能力が高いほどお酒に強く悪酔いしにくいとされています。この代謝能力は民族的に、日本人を含むモンゴロイドはアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが低活性もしくは不活性で弱いとされています。個人差も大きく、他の人と同じだけ飲んでもひどく酔ってしまう人がいるのはそのせいです。

 

いずれにしても二日酔いをおこす成分であるアセトアルデヒドを、少しでも早く分解、もしくは対外に排出する必要があります。そのためにまずは水分補給が重要です。アルコールの分解にも水分は必要なのですが、二日酔いの時には逆に水分不足で脱水症状になっていることが多いからです。身体の脱水症状は二日酔い以外にも血液の状態を悪くしたり、トラブルのもとなので、早く解消しましょう。

 

そのためにもどんどん水分を摂取してほしいのですが、できればスポーツ飲料などのほうが、早く体内に吸収され脱水症状を改善できるます。しっかり水分を補給したうえで、発汗や利尿を促進し、アセトアルデヒドを排出しましょう。

 

二日酔い解消によい成分もありますが、成分によっては二日酔いを長引かせるものもあるので要注意です。肝臓や胃腸が弱っている場合が多いので強い酸性のものや、消化に時間がかかる脂肪分、強い刺激物などは避けましょう。できるだけ肝機能をサポートできる成分を摂ってくださいね。

 

二日酔いの犯人!アセトアルデヒド

分子
二日酔いの原因として、よく名前があがるアセトアルデヒドは、肝臓がアルコールの分解を行う過程で生じる物質で、アルコールの10倍以上といわれる強い毒性をもっています。体内に入ったアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに変わり、最終的に酢酸と水に分解され、対外に排出されますが、アセトアルデヒドが酢酸に変化せずに血液に入り、血流によって全身に流れることで二日酔い特有の頭痛や吐き気などの症状が引き起こされます。

 

実は、アセトアルデヒドを分解する脱水素酵素(ALDH)は、民族や個人で差が大きく、お酒がダメな人。すぐに酔う人・悪酔いしやすい人は脱水素酵素が不活性だったり、分泌が少ない等で活動が弱い場合が多いです。これは生まれつきの体質で遺伝にも影響されますが、日本人の45%はこのアセトアルデヒドを分解する力が弱く、全く働かない人も5%いるそうです。一方でヨーロッパやアメリカ、アフリカの人は脱水素酵素の活性力が強くお酒に強い人が多いです。

 

脱水素酵素の働きが活発でも、肝臓が分解できる以上に摂取すればやはり二日酔いになります。肝臓で代謝できる量は1時間に約7gとされています。日本酒1合を代謝するのに3時間かかる計算です。それ以上の速度と量でお酒を飲むと二日酔いになってしまいます。美味しくお酒を飲むためには、自分の体質や体調などを含めて適正な量を把握しておくことが重要です。

 

二日酔い対策としては、アセトアルデヒドの分解と排出を促進することがポイントとなります。アセトアルデヒド脱水素酵素の働きを助け、分解を早めるt食品や予防薬があるので、もともとアセトアルデヒドの働きが鈍い人や、最近お酒が弱くなってきた、という人は摂取を心がけてください。

 

アセトアルデヒドの分解促進に有効な成分として、しじみやはまぐりに含まれるアラニン、グルタミン、タコやイカに含まれるタウリン、ゴマのセサミンやオルニチン、卵やひまわりの種に含まれるLシステイン、メチオニンなどがあります。これらをお酒と一緒に食べることで、二日酔いを予防することが可能です。

しじみ習慣

二日酔い対策に良いとされる成分を徹底解析記事一覧

二日酔いに効く成分として、知る人ぞ知るのが「ビタミン」です。お酒好きな方ならよくご存知だと思いますが、アルコールを分解する肝臓をサポートする成分なのです。アルコールを飲むと、胃や小腸で大部分が吸収され、血液に溶け込んで肝臓に送られます。ここでアルコール脱水素酵素(ADH)によって、有毒なアセトアルデヒドに分解され、ついでアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで酸化されて、酢酸に変わります。酢酸は血...

つらい二日酔い。その原因は肝臓の分解途中でできる有毒成分アセトアルデヒドの作用、アルコールの利尿効果による脱水作用、低血糖などによって肝機能が低下し、ますますアルコールが分解できなくなるという悪循環、などが複合して起こると考えられています。二日酔い対策で重要なのが、まず水分補給、次にアセトアルデヒド対策です。アセトアルデヒド対策はまず弱った肝機能をサポートして回復させる方法と、利尿・発汗などで早く...

頭はズキズキ、集中力がわかず、身体はだるい、気分は悪い・・・、二日酔いは多かれ少なかれ経験者が多いと思います。二日酔いのたび「もう飲まないぞ!」と誓っても、飲んでいる間はアルコールが脳の判断を弱める、もしくは乱すので、結局きがつけば飲み過ぎていることも多々ありますよね。そんな時コーヒーに含まれるカフェインが有効です。お酒のあとで、コーヒーを飲む人も多いようですが、それは身体が自然にカフェインを求め...

二日酔い対策の最善策はもちろん飲み過ぎないことですが、接待や飲み会など、お酒を通じたおつきあいなどがあると、なかなか自分のペースを守るのが難しい場面も多いと思います。残念ながら二日酔いになってしまった場合、何とか早めに解消したいですね。二日酔い対策としては、アルコールによる脱水症状を防ぐことと、アルコールを分解する肝臓を守ること、またアルコール分解物の有毒成分アセトアルデヒドを分解し切るか、体外に...

二日酔いに高い効果がある成分として有名なのが「ウコン(クルクミン)」です。ウコンはインドを原産とするショウガの仲間で、香辛料、着色料、生薬として古くから国内外で用いられてきました。カレーのスパイスのターメリックとしても有名ですね。国内ではおもに沖縄、奄美、鹿児島などで栽培されています。ウコンには健康によい様々な成分が含まれていますが、その中でも「クルクミン」は肝臓の働きを強化し、胆汁の分泌を促すの...

シジミの二日酔い対策効果で注目されている成分がオルニチンです。体内で製造される非必須アミノ酸で、さまざまな効果効能を持っています。特に健康面で注目されるのが「オルニチンサイクル」です。これは肝臓がアンモニアを解毒する時の代謝システムで、オルチニンは肝機能の解毒作用を助ける働きをします。アンモニアはアミノ酸の代謝や激しい運動などによって生じますが、エネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれて...

栄養ドリンクに配合されているので、CM等で名前を知ってる方も多い「タウリン」は、二日酔い予防にも効果のある成分です。最近はアンチエイジング効果で美容面でも注目されています。タウリンは筋肉や心臓、肝臓などの臓器、脳など体内に高濃度で含まれている成分で、体内で合成される栄養素です。タウリンの元になるメチオニンは必須アミノ酸で、体内では作れないため食品などで摂取しなければなりません。またタウリンの合成量...

「L-システイン」は、シミやニキビ、肌荒れに効果のある美容・美肌サプリメント「ハイチオールCプラス」に配合されている成分ですが、これが二日酔いにかなりの効果を発揮するということで、口コミでも話題になっています。美肌目的で使っていたユーザーの体験談から、二日酔い対策を目的として摂取する人が増えているようです。L-システインというのは、体の内側から代謝を助けるアミノ酸の一種で、皮膚や髪の毛、爪などにも...

もともとゴマは古来のインド医学書アーユルヴェーダにも登場しており、美容や老化防止に効く成分として知る人ぞ知る食品です。ゴマだけに含まれるゴマ特有の栄養素セサミンは、抗酸化作用が注目され、アンチエイジング関係で関心が高まっていますが、アルコール分解にも効果がある成分としても注目されています。二日酔いや悪酔いは、肝臓でのアルコールの分解物であるアセトアルデヒドの有毒性が原因です。本来はアセトアルデヒド...

お酒を飲んだ翌朝、頭痛や吐き気、胸やけ、倦怠感などで起きるのがつらい二日酔い。アルコールの過剰摂取で、分解しきれずに体内に残ったアルコールや分解物質のアセトアルデヒドの毒素が原因でおこります。アルコールの分解を一手に引き受けるのが肝臓ですが、アルコールの量だけでなく、年齢や疲労など肝機能の低下も二日酔いに関係しています。つまり適度なアルコールの量で、健康な肝臓であれば分解はスムースで、有毒なアセト...

美味しいお酒のあとのつらい二日酔い。わかっていても飲まなければならないつきあいもある方には、二日酔い対策は必須ですね。二日酔いはアルコールの分解を担当する肝臓の肝機能を超えた量が流れ込み、分解途中ででる毒性の高いアセトアルデヒドが血液とともに全身に拡散することで、頭痛や吐き気、めまい他の二日酔いの症状を起こすのが原因です。アルコールの量もありますが、身体に疲れがたまっていたり睡眠不足、また風邪など...

二日酔いに効果のあるアミノ酸として、グルタミンとともに名前がよくあがるのがアラニンです。非必須アミノ酸ですが、肝臓の機能を強化しアルコールの分解を促進する効果があります。また運動時のエネルギー源であるグルコースを生成するので、長時間運動する時に役に立つ成分です。アラニンは数種類存在し、種類によってその特徴が全く異なります。二日酔いとの関係で気をつけなければならないのはαアラニンとβアラニンです。通...