2種類のアラニンの内二日酔い対策に効くのはαアラニン

二日酔いに効果のあるアミノ酸として、グルタミンとともに名前がよくあがるのがアラニンです。非必須アミノ酸ですが、肝臓の機能を強化しアルコールの分解を促進する効果があります。また運動時のエネルギー源であるグルコースを生成するので、長時間運動する時に役に立つ成分です。

 

アラニンは数種類存在し、種類によってその特徴が全く異なります。二日酔いとの関係で気をつけなければならないのはαアラニンとβアラニンです。通常は二日酔いに効くアラニンというとαアラニンのことをさします。

 

βアラニンは逆に二日酔いに効果のあるタウリンのレベルを下げたり、アセトアルデヒドの分解に寄与するLシステインを体内から排出するため、かえって二日酔いを悪化させ長引かせるるほうに働きます。βアラニンはカツオやエビ、鮭などの脂肪分の多い魚、豚鶏牛に多く含まれているので、お酒を飲む時にこれらの食品の摂取には注意が必要です。

 

アラニン(αアラニン)は、飲酒中でも肝臓の損傷を修復し肝機能を高めます。またアセトアルデヒドの分解に必要なNADの量を増加させ、アセトアルデヒドの分解を促進します。アラニンを摂取することで、血液、肝臓、脳内のアセトアルデヒドが素早く分解され減少するので、二日酔いの諸症状が改善されます。アセトアルデヒドの分解に関わるオルニチンの効果も高めるので、相乗効果で一気に肝臓のアルコール分解力がアップします。

 

他にもアラニンは尿を合成する働きを持つアスパラギン酸の代謝をよくするので、分解されたアルコールから尿を合成・排出する効果があり、利尿効果を高めます。ただし脱水症状にならないよう、水分はどんどん補充する必要があります。

 

アラニンを多く含む食品としてはシジミやアサリなどの貝類があげられます。昔から「二日酔いの朝にはシジミのみそ汁がよい」と言われますが、これはシジミに含まれるアラニンとオルチニンのアルコールを分解する効果に寄るところが大きいです。アラニンを手軽に摂取できるサプリメントやドリンクも販売されています。

しじみ習慣