カフェインの二日酔い対策効果を紹介

コーヒー
頭はズキズキ、集中力がわかず、身体はだるい、気分は悪い・・・、二日酔いは多かれ少なかれ経験者が多いと思います。二日酔いのたび「もう飲まないぞ!」と誓っても、飲んでいる間はアルコールが脳の判断を弱める、もしくは乱すので、結局きがつけば飲み過ぎていることも多々ありますよね。

 

そんな時コーヒーに含まれるカフェインが有効です。お酒のあとで、コーヒーを飲む人も多いようですが、それは身体が自然にカフェインを求めているのかもしれません。他にも、コーヒーには肝機能を良好に保ち、飲酒者では肝硬変による入院の危険率を下げるという研究結果もあります。もちろんコーヒーに限らず、緑茶、紅茶、ウーロン茶、コーラなどカフェインが含まれている飲料であればOKです。ココアやチョコレートにも含まれています。なおお酒にもウーロンハイがありますが、これは焼酎ベースなので気をつけましょう。薄めなら酔いにくいかもしれません。

 

二日酔いの時、特につらいのがズキズキと頭全体が痛む頭痛ですね。この頭痛はアルコールの過剰摂取で、肝臓で分解された毒性をもつアセトアルデヒドが血中に流出、脳内にアセトアルデヒドが混じった血液が流れることで起こります。アセトアルデヒドを含んだ血液は、酸素を多く取り入れようとして拡張しそれが神経を刺激するので、あの独特の痛みとなるのです。カフェインには血管の収縮効果があるので、血管の膨張を鎮めてくれます。

 

またカフェインには中枢神経を興奮させて覚醒させる作用があります。コーヒーや紅茶がよく眠気覚ましに飲まれるのはそのためです。また利尿作用もあるので、二日酔いの時アセトアルデヒドを排出するのにも適しています。カフェイン入り飲料は水分補給にも役立ちますが、これは利尿効果で相殺されるので、脱水症状にならないよう注意してください。一緒にミネラル水やスポーツドリンクを飲むなど工夫が必要です。
個人差もありますが目が覚めた時に一杯のエスプレッソと水が、気分をすっきりさせ、頭痛も押さえて元気にしてくれそうです。お酒とコーヒー好きな方には朗報ですね。

しじみ習慣