梅干しやレモンなどに含まれるクエン酸で二日酔い対策

梅干し
二日酔い対策の最善策はもちろん飲み過ぎないことですが、接待や飲み会など、お酒を通じたおつきあいなどがあると、なかなか自分のペースを守るのが難しい場面も多いと思います。残念ながら二日酔いになってしまった場合、何とか早めに解消したいですね。

 

二日酔い対策としては、アルコールによる脱水症状を防ぐことと、アルコールを分解する肝臓を守ること、またアルコール分解物の有毒成分アセトアルデヒドを分解し切るか、体外に排出することが重要です。そのためにはまず水分をたっぷり補給し、利尿や発汗もうながしながら、ビタミンなどで肝臓の機能を高めることが考えられます。これらを総合的に行うことで、二日酔いの症状を軽減・緩和・解消することができます。

 

翌朝などアルコール成分がのこっていなくても頭痛や胸やけなどの症状がでる場合があります。その原因は分解生成物の「ケトン体」です。肝臓がアルコールを分解する時に糖分が消費されますが、この時に脂肪組織から必要以上に作られるのがケトン体です。エネルギーとなる糖が体内に無くなり、代わりに脂肪が燃えることで血糖値を持続させようとするわけですが、その時に出る、クルマの排気ガスに例えられる物質です。
ケトン体はブドウ糖の代わりになることができるので体にとっては必要なものですが、血液の酸性化を引き起こすため、疲れ易くなり疲労感や、倦怠感、だるさなどを感じやすくなります。ケトン体を代謝しやすくするためにはクエン酸が有効です。クエン酸には肝機能を高める効果と、肝臓の解毒作用を高める働きがあり二日酔い解消に役に立ちます。

 

クエン酸は、梅干しやレモンなどのカンキツ類に多く含まれているので、二日酔いの時には積極的に摂取してください。またクエン酸は薬局でも購入でき、水に溶かして直接飲むこともできます。サプリやクエン酸配合飲料などもあるので活用してみてはいかがでしょうか?食欲がない時に梅干しでおかゆやお茶漬けを食べるだけでも、おなかがすっきり落ち着きます。

しじみ習慣