オルニチンは肝機能をアップさせるので二日酔い対策に有効

しじみ
シジミの二日酔い対策効果で注目されている成分がオルニチンです。体内で製造される非必須アミノ酸で、さまざまな効果効能を持っています。特に健康面で注目されるのが「オルニチンサイクル」です。これは肝臓がアンモニアを解毒する時の代謝システムで、オルチニンは肝機能の解毒作用を助ける働きをします。

 

アンモニアはアミノ酸の代謝や激しい運動などによって生じますが、エネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれています。オルチニンは「オルニチンサイクル」を活性化させ、アンモニアの分解を促進して無毒な尿素に変換し、疲労の蓄積を防ぎます。

 

アンモニアは、ミトコンドリア内にある「TCAサイクル」という、生命活動に必要なエネルギー産生の回路を阻害します。またミトコンドリア内の酸化還元バランスを乱すのでエネルギー産生のための環境を悪化させるという大きな問題点があります。オルニチンは肝臓のアンモニア分解力を高めるので、そうしたトラブルも同時に解消します。

 

肝臓をサポートするオルニチンは肝硬変、腎臓障害、肝性脳症などにも活用されている成分ですが、もう1つ重要な働きといえるのが二日酔い対策です。肝機能をアップすることでアルコールの分解にも寄与し、「オルニチンサイクル」によってアセルアドレヒドを解毒して肝臓を守ります。
「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓は、他の臓器と違って疲労による痛みがなく、自覚症状がありません。いつもと同じように飲んでいても悪酔いしたり、いつまでも二日酔いがなおらない時には肝機能が低下しているおそれがあります。「おかしいな」と思ったら、オルニチンを摂取して肝臓を守りましょう。

 

オルチニンは肝臓を中心としたエネルギー生成の効率を高め、有毒物質の解毒を促進し、肝臓疲労だけでなく全身疲労の回復を促進します。代謝力を高めるのにも有効なため、美容やダイエット、エイジング面でも大人気の成分です。
こんなに効果の高いオルチニンですが、実はシジミやエノキタケ以外の食品ではわずかな量しか含まれておらず、意外と摂取が難しい成分でもあります。効果的に摂取するためには、シジミのお味噌汁だけでなく、サプリメントなどもうまく活用するのがポイントといえます。

しじみ習慣