二日酔い対策にはビタミン補給をしっかりと

野菜
二日酔いに効く成分として、知る人ぞ知るのが「ビタミン」です。お酒好きな方ならよくご存知だと思いますが、アルコールを分解する肝臓をサポートする成分なのです。

 

アルコールを飲むと、胃や小腸で大部分が吸収され、血液に溶け込んで肝臓に送られます。ここでアルコール脱水素酵素(ADH)によって、有毒なアセトアルデヒドに分解され、ついでアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで酸化されて、酢酸に変わります。酢酸は血液にまじって肝臓から筋肉や心臓に移動し、さらに分解され、最終的には炭酸ガスと水になります。

 

日本人は基本的にアルコール脱水素酵素の分泌量が少なくまた活性力が弱いため、分解能力が低めで悪酔い・二日酔いしがちです。そのため肝臓がダメージを受けやすく、脂肪肝などアルコール性の肝臓障害を起こしやすいのです。肝臓病は、生活習慣病のなかでがん、心臓病、脳卒中に続いて高い死亡率となっています。肝臓は「沈黙の臓器」という異名を持つほどで知らないうちに悪化するので、要注意です。

 

ビタミンは肝臓がアルコールを含む体内の栄養素を代謝するときに必要な成分で、アルコール分解時に大量に消費されます。そのためにお酒を飲む時は十分に補給する必要があります。ビタミンの中でも、特に肝臓と深い関わりをもつのがビタミンB群で肝臓の機能を活発にします。ビタミンB1はアルコールや疲労物質を分解する際に大量に使われるのでしっかり補給してください。豚肉やうなぎ、豆類、玄米等から摂取できます。

 

ビタミンCはアセトアルデヒドの分解力を高めて二日酔いの解消を早めます。またビタミンEとともに肝臓の活性化に活躍します。ビタミンCをしっかり摂取することで二日酔い防止効果が発揮されます。ビタミンCは、グレープフルーツ、オレンジ、イチゴなどの果物やブロッコリー、ジャガイモなど多くの野菜にも含まれています。

 

ビタミンを日頃から食事などで摂取しておくと肝臓を強化し、分解能力を高めて二日酔いになるのを防ぎます。飲んでいる時のおつまみでも意識して摂るようにしてください。また二日酔いになった場合も、たとえば果汁100%のジュースを飲むなど、水分とビタミンを補給するよう心がけてください。肝臓の負担を減らし肝臓障害も予防しましょう。

しじみ習慣