コーヒーの利尿作用で毒素を排出

コーヒー
コーヒーの眠気を覚ましてくれる効果は広く知られている所ですが、それ以外にも私たちにとってプラスになる健康効果がいろいろとあります。その中でも酒飲みの方は二日酔いにコーヒーは効果があるということを知っておくと、何かと役立つのではないでしょうか?

 

そもそも二日酔いがなぜ起きるかというと、アルコールを分解するにあたってアセトアルデヒドが発生します。このアセトアルデヒドは有毒な物質なので、無毒化する必要があるのですがアルコールの摂取量が多くて分解しきれないとそのまま体内に残ってしまいます。そうすると、血液が酸素を取り込もうとして血管が拡張し、神経を刺激します。お酒をたくさん飲んだ翌日は頭がガンガンするという経験はありませんか?これはこの血管の拡張による神経圧迫が関係しています。

 

水分不足にならないように

コーヒーにカフェインが含まれていることは広く知られています。このカフェインは体内に取り込むと、血管を収縮させる効果があるといわれています。このため、先ほど紹介した血管が拡張することで生じる神経への刺激を和らげ、二日酔いの代表的な症状の一つである頭の痛みを予防できるわけです。

 

またコーヒーには利尿作用があって、おしっこに行く回数が多くなる特徴があります。この利尿作用によって、アルコールに含まれる毒素がどんどん排出されていきます。アルコールを分解することによって生じる毒素は最終的には尿として体外に出す必要があります。この利尿作用もコーヒーが二日酔いに効果を発揮する理由の中の一つとみられています。

 

しかし注意点も利尿作用によって水分が失われますのでしっかり水を飲んで脱水症状にならないようにしましょう。飲み過ぎで頭痛がするというときには、コーヒーを飲んでなるべく早く二日酔いの症状を改善するように努めてみるのはいかがでしょうか?

しじみ習慣