牛乳が胃に膜を張って…ほんとに二日酔い対策に牛乳は効くのか?

牛乳
二日酔い対策に効果の期待できる飲み物として、牛乳はいろいろな所で指摘されています。なぜ牛乳が二日酔いに効果が期待できるかというと、牛乳の含まれているいろいろな成分が、二日酔いを起こりにくくしてくれるからです。

 

まず牛乳には乳脂肪と呼ばれる脂肪の一種が含まれています。この乳脂肪が胃の中にはいると、胃の蠕動運動を抑制する働きをもたらしてくれます。蠕動運動が鈍くなると、そのあとでお酒を飲んだとしても通常と比較すると、アルコールの吸収ペースが遅れます。その分血中アルコール濃度が高くなりにくくなり、結果的に二日酔いになりにくくできるわけです。

 

その他にも牛乳には水分やたんぱく質も豊富に含まれています。これらはアルコールを大量に摂取して肝臓を酷使したことにより疲弊しているのを回復する効果があります。肝臓に必要な栄養分を供給してくれるからです。アルコールの吸収を遅らせて、かつ肝臓を元気にすることで、両方の側面からアルコールの分解ペースを速めて、二日酔いになりにくくするわけです。

 

牛乳が二日酔い対策に効果があるという話を聞いたことのある人の中には、お酒を飲む前に牛乳を飲むことで、胃に牛乳の膜を張ることができるからという話も耳にしたことがあるという人は多いでしょう。牛乳の膜がアルコールの吸収を妨害するので、二日酔いしないという論理なのですが、このことに関して現在のところまだ科学的な根拠は示されていません。しかし上で紹介したように、牛乳にはほかの働きによって、二日酔い対策の効果が期待できるので、お酒の席に参加する前に牛乳を飲んでおくといいでしょう。牛乳割りなどの飲み物もあるので、飲んでみるのもいいかもしれません。

しじみ習慣