二日酔い対策には水は欠かせない!

水
最も手軽に誰でもできる二日酔い対策の方法として、水を飲むという手法があります。なぜ水を飲むだけで二日酔い対策になるかというと、水を飲むことでアルコール濃度を低くできるからです。酔いの程度を決めるのは、血中アルコール濃度とそのアルコールを処理するための皆さんの体のアルコール分解量です。

 

二日酔いは体内のアルコール処理能力を超えるアルコールをまとめて摂取した時に起こります。水を飲めばその分血中アルコール濃度は薄まるので、アルコール処理能力を超えにくくなります。すなわち二日酔い対策ができるわけです。それ以外にもいわゆる悪酔いを防げますし、長時間にわたって楽しく酒を飲めるというメリットもあります。

 

水を飲んで二日酔い対策をする場合には、飲んでいるときに一緒に水を飲むのが最も効果的です。お酒を飲んで眠る前に水を飲むという人もいるかもしれませんが、これだと水の効果が半減してしまいます。というのも濃いアルコールを飲んだ場合、水よりも早くアルコールは胃に到達してしまってより早く体内に吸収されてしまうからです。このため、血中アルコール濃度が上昇してしまうのです。

 

そこでチェイサーとしてお酒を飲んでいる席でこまめに水分補給をするのが理想です。できれば、ウィスキーや焼酎を水割りにして、一緒にして飲んだ方が水分の吸収速度も早まりますのでその分血中アルコール濃度は薄まりますし、二日酔いになるリスクを低減できます。ちなみに水わりとしてよく飲まれる焼酎やウィスキーは蒸留酒といわれ、日本酒やワインのような醸造酒よりも二日酔いのリスクは低いといわれています。このようなお酒と水を組み合わせることで、二日酔いのリスクを最小限に抑えられます。

しじみ習慣