二日酔いの次の日、こんな朝ごはんがおすすめ

しじみ汁
二日酔いの朝は何も食べたくないですよね。しかし、二日酔いの時は胃腸や肝臓が疲れていますし、水分も足りなくなっています。食欲がなくても何かを食べておかないと二日酔いの回復は余計に遅くなります。特に二日酔いの時に食べると良い朝ごはんをご紹介しましょう。

 

二日酔いの時は、肝臓がとても疲れている状態です。その疲れをやわらげてくれるのがビタミンCです。ビタミンCをたっぷり含んでいる果物を朝食に加えましょう。果物なら二日酔いの朝でも食べられるのではないでしょうか。グレープフルーツや柿などがおすすめです。ビタミンの解毒作用がアルコールの分解を早めてくれます。

 

肝臓に良い食べ物というとシジミが挙げられます。シジミに含まれているタウリンという成分は肝臓の機能を高めてくれます。また、味噌汁にもアルコールを分解する作用があるので、二日酔いの朝にはシジミの味噌汁を食べると効果的です。普段からレトルトのシジミ汁を常備しておくといいでしょう。

 

二日酔いの朝にはおかゆがおいしく感じられるという人もいるでしょう。おかゆは普通のごはんよりも位に優しいので二日酔いの朝でも食べやすいと思います。そこに梅干しを入れると、梅干しの肝機能向上効果や疲労回復効果が加わるので二日酔いにはよく効きます。梅干しの酸っぱさが二日酔いの澱んだ気分も覚ましてくれるでしょう。

 

どうしても何も食べられない、というぐらいひどい二日酔いの時には緑茶だけでも飲んでおきましょう。緑茶に含まれているタンニンやカフェイン、ビタミンといった成分には二日酔いの症状を緩和してくれる働きがあります。

 

二日酔いを早く回復させるためには、多少無理をしてでも上記のような朝ごはんを口にすることが効果的です。

しじみ習慣