ワインの定番のつまみのチーズは二日酔い対策の意味でも効果的

チーズ
よくワインのお供にチーズをつまみにして食べるという人も多いでしょう。ワインの酸味にチーズのまろやかな風味がマッチします。しかしそれ以外にもチーズを摂取することで、翌日の二日酔い対策もできる所にも注目しましょう。チーズがなぜ二日酔い対策に効果的かというと、たんぱく質が豊富に含まれているからです。

 

たんぱく質は、私たちの体の材料になる成分で、肝臓の働きをサポートしてくれる効果があります。二日酔いの原因は、アルコールの分解が飲み過ぎなどで追いつかずにアセトアルデヒドという有毒物質が分解されることなく体内に残ってしまうのが原因です。しかしチーズのたんぱく質の働きによって、アルコールの分解効率を高めアセトアルデヒドが体内に残りにくくしてくれます。しかもチーズに含まれているたんぱく質は体内ですべて吸収される傾向があります。このため、より効率的に二日酔い対策ができるわけです。

 

居酒屋やダイニングバーなどに行った時にメニューをチェックしてみましょう。意識してみてみると、けっこうチーズの含まれている料理が多いです。チーズがそのままで出てくるメニューもあれば、ピザやグラタンといった感じで料理の中にチーズの含まれているメニューなども数多く出ています。これもお客さんが二日酔いにならないようにするための配慮かもしれません。

 

今後お酒を外で飲む機会があった時には、チーズの含まれている料理をおつまみにしてみるといいでしょう。またお酒を飲んでいるとき以外にも、お酒の席に行く前にチーズを入れておくのも酔いを軽減するのに効果的といわれています。チーズスティックのようなものがスーパーやコンビニ販売されていて、食べきりサイズになっているものもあるので活用してみるといいでしょう。

しじみ習慣