はちみつに含まれる果糖には二日酔い対策に絶大な効果が!

はちみつ
パンに塗ったり、ヨーグルトに混ぜたりなど私たちの生活の中でも結構頻繁にはちみつは登場してきませんか?はちみつは甘くておいしいのですが、いろいろな栄養分が含まれていますので健康や美容に高い効果を発揮するといわれています。その中でも、二日酔い対策としてはちみつは高い効果が期待できるといわれています。

 

二日酔いの原因物質の中の一つに、アセトアルデヒドという成分があります。アルコールは肝臓で分解され、最終的には酢酸という無害な成分になって体の外に排出されます。しかし酢酸まで分解される過程の途中でアセトアルデヒドという物質が生まれるのですが、これは毒性の強い成分といわれています。二日酔いの症状として、頭痛や吐き気を訴える人が多いですがアセトアルデヒドが体内に残っていることが原因といわれています。

 

はちみつの甘みを構成している成分の中の一つに、果糖があります。この果糖には、先ほど紹介したアセトアルデヒドの分解を促進する効果があります。このことは、科学的にも証明されていることです。このため、二日酔いの症状を軽減できるわけです。

 

しかもはちみつには、ブドウ糖も豊富に含まれています。肝臓がアルコールを分解するときには、グリコーゲンを蓄えるというもう一つの重要な作業がしづらくなります。そうすると血糖が少なくなってしまって、いわゆる体のだるさにつながってしまいます。しかしはちみつにはブドウ糖が含まれていて、これは体にすぐに吸収される構造となっています。このため、血糖値もそれなりの高さを維持でき、二日酔いで体がだるいということも起こりにくくなるわけです。手元にはちみつがあって、二日酔いがひどければなめてみるといいでしょう。

しじみ習慣