二日酔いがつらい…そんなときにはシジミのみそ汁を

シジミ味噌汁
お酒をつい調子に乗って飲みすぎてしまった翌日の二日酔いはつらいですし、前日の自分を呪う人もいるでしょう。最初の内は重症だと、ベッドからも起きられないような状態になってしまう人も少なくありません。しかし徐々に回復してきて、口にできそうな感じになってきたら、食べ物はいきなり辛いかもしれないので飲み物で栄養補給しましょう。

 

その中でもオススメの飲み物として、シジミのみそ汁があります。二日酔い対策にはシジミのみそ汁というのは、メディアでもしばしば紹介されているので知っている人もいるでしょう。

 

二日酔いとは、自分のアルコールの処理能力が摂取したアルコールの分解に追い付いていけない状態をさします。二日酔いの状態になっている人の肝臓は、アルコールの処理に追われてヘロヘロの状態になっているわけです。かつまだアルコールを処理しきれていないので、二日酔いの症状が出てくるわけです。つまり二日酔い対策の基本は、弱り切った肝臓の機能を元に戻してアルコールの処理をどんどん進めてもらうことになります。そこでシジミのみそ汁が効果を発揮します。

 

シジミの中には、オルニチンと呼ばれる成分がたくさん含まれています。オルニチンはアミノ酸の一種で、アンモニアの分解を促進する効果があります。アンモニアは有毒物質ですが、これを無毒化できれば肝機能を回復できます。二日酔いの症状の中で、体のだるさを訴える人もいます。このようなだるさはアンモニアの関係している可能性も高いので、シジミのみそ汁は効果が期待できます。その他にもアラニンやグルタミンといった、アルコールの代謝を促進する作用のある成分など豊富に配合されているので、二日酔い対策の飲み物として注目されています。

しじみ習慣