タンニンを豊富に含んだ柿はふつかよいたいさくに持ってこい

柿
昔から酔い覚ましには柿を食え、と言われるほど二日酔いに効果的だとされている柿ですが、柿にはどのような効果があるのでしょう。

 

柿にはタンニンという成分が多く含まれています。柿の渋い味のもとはこのタンニンです。干し柿にも生の柿にも含まれています。アルコールを摂取すると、肝臓が分解してアセトアルデヒドという物質を作り出します。さらにそのアセトアルデヒドは酢酸に代謝されるのですが、この代謝が追い付かずに血中のアセトアルデヒド濃度が高くなると起こるのが二日酔いです。タンニンはこのアセトアルデヒドと結合して体外に排泄する働きがあります。

 

さらに、柿にはビタミンCも豊富に含んでいます。ビタミンCは肝機能を高め、胃腸の粘膜を保護する働きもあり、さらにアセトアルデヒドを減少させる効果もあります。ビタミンCを多く含む食品が二日酔いに効果的だと言われるのは、この働きのおかげです。

 

また、柿には果糖も多く含まれています。果糖には肝臓の代謝機能を高める働きがあり、アルコールの分解を進めてくれます。他にも柿に含まれているカタラーゼという酵素には、直接アルコールの分解を促進する働きがあります。

 

柿は、柿が赤くなると医者が青くなるとも言われるなど健康にも良いフルーツです。秋には柿を常備しておいて、二日酔いの苦しみから解放されましょう。また、柿の季節でない時にはジュースや柿酢を利用するのも良い方法です。特に柿酢に含まれる酢には、疲労を回復させてくれる働きもあるので、二日酔いの時には特に効果的です。

しじみ習慣