ゴマに含まれるセサミンパワーを使って二日酔い対策しよう

ごま
和食の調味料としてしばしば使用されるゴマですが、健康に効果があるということで注目されています。最近ではゴマのエキスの配合されている健康食品やサプリメントも発売されています。このゴマですが、二日酔い対策にも高い効果を発揮することがわかってきています。

 

なぜゴマが二日酔い対策として効果を発揮するかというとセサミンという成分が関係しています。二日酔いの原因として、アルコールを分解する過程の中で生成されるアセトアルデヒドが関係しているといわれます。アセトアルデヒドは肝臓でさらに分解されて無毒化するのですが、飲みすぎると体内に翌朝も残ってしまって、二日酔いの代表的な不快な症状を引き起こします。

 

実はセサミンには、このアセトアルデヒドの分解効率を高める効果が期待されています。しかもアセトアルデヒドを分解するための酵素が肝臓から分泌されているのですが、酵素に対してセサミンは遺伝子レベルで働きかけを行える能力を有していることがわかっています。このため、アセトアルデヒドの分解効率を着実に高め、二日酔い対策として有効であることが近年の研究でも明らかになりつつあります。

 

セサミンにはこのほかにも抗酸化作用のあることでも知られています。活性酸素は細胞を傷つけてしまって老化の原因となり、肝臓にも採用します。しかしセサミンを体内に入れれば、この活性酸素の働きを抑制でき、肝機能の老化による弱体化を防げるという効果も持っているわけです。二日酔い対策のためにゴマを摂取するのであれば、大さじ1杯程度のゴマを毎日摂取するといいでしょう。もしくはセサミンの配合されているサプリメントを摂取するのも効果があります。

しじみ習慣