二日酔いで何も食べられないのであれば汁物を活用してみよう

豚汁
二日酔いの代表的な症状で、吐き気やムカつきなどを訴える人は多いです。アルコールを代謝するときに生じるアセトアルデヒドという有毒物質が関係していたり、胃の粘膜が荒れてしまったりすることが原因といわれています。

 

胃がムカついている、吐き気があるというときにはなかなか食べ物は受け付けられないという人は多いでしょう。しかしアルコールを分解するにあたって、肝臓をはじめとしてかなりのエネルギーを消費しています。ですから、栄養補給をしていかないとなかなか二日酔いの症状から回復できなくなります。もし食べ物を胃の中に入れるのが厳しいのであれば、汁物を飲んで栄養補給することを検討してみるといいでしょう。

 

またお酒を飲む前や飲んでいるときに、汁物を飲むようにすることも効果があるといわれています。水分を補給することで、血中のアルコール濃度を低くできます。また二日酔いの原因の中の一つに、脱水症状があります。お酒を飲むと利尿作用が高まりますので、尿でどんどん水分は失われていくからです。そこで汁物をお酒の席で飲むようにすれば、水分を必要以上に失わないようにできます。

 

二日酔い対策として有効な汁物として、洋食の場合にはと立派のスープやブイヤベースなどが挙げられます。また日本の場合には、みそ汁などが有効でしょう。お酒を大量に飲むと、水分の他にも塩分も失われます。味噌の中には塩分も含まれているので、両方摂取するのは非常に有効です。また締めのラーメンというのもあります。ラーメンはカロリーの問題からすると決してお勧めできませんが、スープを飲むことで水分と塩分を両方摂取できるというメリットもあることはあります。冬場になると鍋も水分補給という意味では効果があります。

しじみ習慣