二日酔いしやすいお酒の見分け方は含まれる物質にあり

お酒を飲む男性
お酒を飲む機会の多い人の中で、二日酔いだけはできることなら避けたいと思う人は多いでしょう。頭がずきずきする、胸やけがするなどの不快な症状が起きるからです。二日酔いを割ける方法として、どのような酒の種類を飲むかが重要なポイントになります。

 

実はお酒の種類によって、二日酔いしやすいお酒と二日酔いしにくいお酒とに分類できます。二日酔いしやすいお酒の特徴として、不純物がより多く含まれるお酒が挙げられます。お酒を製造していく中で、不純物が発生することがあります。発酵過程の中で発生することが多く、具体的にはポリフェノールやエタノール以外のアルコール、ヒスタミンといった物質が生成されます。これらの不純物が、二日酔いを誘発要因ではないかとみられています。

 

またメタノールを含むお酒に関しても、二日酔いを引き起こしやすくなるといわれています。メタノールが参加して、ホルムアルデヒドやギ酸にする代謝過程が体内に摂取すると起こるのですが、この中で二日酔いが起きるということも指摘されています。つまりメタノール濃度が高くなればなるほど、ひどい二日酔いを起こす可能性が高くなるわけです。このような条件に合致するお酒を大量に飲んでしまうと翌日、二日酔いを起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

ブランデーや赤ワイン、ラム、日本酒といった種類のお酒に関しては、この条件を満たす種類のものが多いです。このため、二日酔いを起こす確率が高くなります。いずれもおいしいお酒で飲みやすい種類も多いです。またどこでも提供されているお酒ですが、つい調子に乗って飲みすぎることのないように注意したいところです。

 

焼酎やウィスキーが二日酔いしにくいお酒の理由を紹介

ウイスキー
二日酔いしないようなお酒を飲んで楽しく盛り上がりたいと思っている人も多いでしょう。実はお酒の種類によって、二日酔いになるリスクの多少がだいぶ変わってきます。私たちにもなじみのあるお酒で二日酔いになりやすいのが、日本酒とワインです。いずれも気軽に飲めてしまうお酒ですが、調子に乗って多く飲んでしまうと翌日が大変なことになってしまいます。一方ウィスキーや焼酎は、二日酔いしにくいお酒の代表格といわれます。なぜ焼酎やウィスキーが二日酔いしにくいお酒かというと、きちんとした理由があります。

 

二日酔いになりやすいかどうかを決める要素として、お酒に含まれる添加物が関係しているといいます。アルコール以外の物質が多く含まれているお酒であればあるほど、二日酔いになってしまうリスクが高まります。焼酎やウィスキーは、蒸留酒と呼ばれていて極力お酒の中に余計な成分を混ざらないような製法で作られています。焼酎もウィスキーもアルコール濃度は非常に高いです。これは蒸留をする段階で余計な物質を排除したので、おのずとアルコールの純度が高まってしまったからなのです。

 

一方日本酒やワインのような醸造酒の場合、どうしてもアルコール以外の成分が含まれやすくなります。その中でもフーゼル油という成分が日本酒やワインには多く含まれているのですが、これが二日酔いの誘因となりうるといわれています。しかしこのフーゼル油ですが、日本酒やワインの芳醇な香りや深みのある味わいを作るのに欠かせない成分です。日本酒やワインの味を楽しみたいというのであれば、ほどほどにして、ほかの焼酎やウィスキーなども飲むようにして、二日酔い対策をしてみるのはいかがですか?

>>二日酔いになりにくい焼酎を飲もう

 

お酒はぬるめの燗がいい、二日酔いにも関係あり?

熱燗
歌のフレーズで「お酒はぬるめの燗がいい」という言葉を聞いたことのある人は多いのではありませんか?このフレーズですが、二日酔い対策という意味でも実は関係があるかもしれないといわれていて、注目されています。冷酒を飲んだ時には二日酔いになりやすいけれども、お燗にして飲むと二日酔いになりにくいという体験のある人も多いのではありませんか?ただしお酒の温度を変えることで、アルコール度数が変わるとか、化学反応を起こして二日酔いになりにくい飲み物に変わるというわけではありません。

 

なぜお燗にして飲むと二日酔いになりにくいのでしょうか?それは飲みやすさが関係しているとみられます。お酒に限ったことではなく、例えばホットコーヒーとアイスコーヒーを注文した時の飲む速度を考えてみましょう。熱いホットコーヒーはゆっくりとしか飲めないはずです。しかしアイスコーヒーであれば、けっこう早く飲めます。その気になれば、一気飲みも可能かもしれません。これと一緒の原理です。冷酒であれば、口当たりがいいのでどんどん飲めてしまいます。しかしお燗にすると、お酒が温かいので一気にはなかなか飲めません。いわゆるチビチビ飲むスタイルになるはずです。

 

お酒を飲んでから酔った状態になるまでには、多少時間がかかります。その間に冷酒であれば、かなりの量を飲めてしまうかもしれませんが、お燗であればゆっくりとしか飲めないのであまり大量に飲酒できません。お燗の方がより少ないアルコール量で気持ちのいい状態になるので、二日酔いになるリスクが少ないわけです。特に冬場になると体の芯から冷えてしまうこともしばしばでしょう。このような時にお燗にしてお酒を飲めば体の芯から温まりますし、翌日二日酔いで苦しめられることも少なくなるでしょう。

しじみ習慣

二日酔いしやすいお酒しにくいお酒の違いは何?記事一覧

お酒が好き、でもあまりお酒を飲むと太るかもしれないとか、二日酔いになるのが嫌という人もいるでしょう。しかし焼酎であれば、この2つのデメリットが起きにくくできるので注文してみるといいでしょう。まず焼酎は太らないということに関してですが、焼酎はいわゆる蒸留酒の仲間です。蒸留をしていく行程の中で、余計な物質を排除して、水とアルコールしか残らないように作られています。このため、醸造酒の日本酒やワイン、ビー...

お酒の席によく顔を出す人の中で、席に着いたときに「とりあえずビール」という注文をする人は多いでしょう。ビールを一気に流し込むことで、「今日1日よく頑張ったな」と実感できるという人もいるでしょう。また最近ではキンキンに冷えたビールを提供しているお店も多いです。夏場仕事終わりにビールをグッと流し込むときの体内が冷えていく感じ、のど越しの良さが忘れられないという人もいるでしょう。しかしダイエットや二日酔...

ワインには健康や美容に効果の期待できるといわれるポリフェノールが大量に含まれています。またワインの口当たりが好きなので、よく飲むという人もいるでしょう。しかしほかのお酒と比較すると二日酔いを起こすリスクも高いといわれているのがワインです。二日酔いを避けながら大好きなワインを飲むにはどうすればいいのでしょうか?なぜワインを飲むと二日酔いになりやすいかというと、亜硫酸鉛の影響と考えられています。亜硫酸...

日本酒というと、飲むと太りやすいというイメージを持っている人もいるでしょう。なぜ日本酒は太りやすいというイメージを持たれるかというと、米から作られたお酒であることが関係しているようです。米には糖質を多く含んでいますし、実際同じ量で含まれる糖質を比較すると、日本酒はトップクラスです。しかも日本酒は醸造酒で、いろいろな不純物を含んだお酒でもあります。このため、飲みすぎると翌日二日酔いに悩まされる可能性...