日本酒を飲む際のおすすめポイント

日本酒
日本酒というと、飲むと太りやすいというイメージを持っている人もいるでしょう。なぜ日本酒は太りやすいというイメージを持たれるかというと、米から作られたお酒であることが関係しているようです。米には糖質を多く含んでいますし、実際同じ量で含まれる糖質を比較すると、日本酒はトップクラスです。しかも日本酒は醸造酒で、いろいろな不純物を含んだお酒でもあります。このため、飲みすぎると翌日二日酔いに悩まされる可能性も出てきます。しかし日本酒の芳醇な味わいが好きという人もいるでしょう。そこで二日酔いやふとることを避けながら日本酒を飲む方法をいくつか紹介しましょう。

 

まずはチェイサーを用意することです。日本酒を飲む合間に水を飲むことによって、アルコールの代謝効率を挙げられます。そうすると翌日二日酔いになってしまうリスクも回避しやすくなります。酔いの速度を緩やかにしてくれますし、飲み過ぎの防止にも役立ちます。

 

2つ目はおつまみに注意を払うことです。日本酒が太りやすいというのであれば、ヘルシーなおつまみと組み合わせてみることです。野菜を食べるように意識することで、ビタミンやミネラルもしっかりと摂取できます。アルコールの代謝をこれらの栄養分は促進してくれますので、二日酔い防止という意味でも重要な役割を果たしてくれます。

 

そして最後の方法として、冷酒ではなくお燗で飲むように意識してください。お燗にすると、チビチビと飲む感じになるのであまり一気に大量のアルコールを摂取するのは難しくなります。その結果、アルコールの大量摂取が防げ、悪酔いや二日酔いになってしまうリスクを軽減できるわけです。

しじみ習慣

関連ページ

焼酎
ビール
ワイン