最近では女性にも人気が出てきている焼酎は二日酔いしにくいお酒

焼酎
お酒が好き、でもあまりお酒を飲むと太るかもしれないとか、二日酔いになるのが嫌という人もいるでしょう。しかし焼酎であれば、この2つのデメリットが起きにくくできるので注文してみるといいでしょう。まず焼酎は太らないということに関してですが、焼酎はいわゆる蒸留酒の仲間です。蒸留をしていく行程の中で、余計な物質を排除して、水とアルコールしか残らないように作られています。このため、醸造酒の日本酒やワイン、ビールと比較するとカロリーが低めに作られています。たとえば、日本酒と同じアルコール量でカロリーの比較をしてみた場合、1合当たりごはん1/5杯程度カロリー差があるといわれています。

 

また二日酔いを起こしにくいという点に関してですが、これも蒸留酒であることが関係しています。二日酔いのメカニズムに関しては研究がかなり進みましたがその中で、アルコールそのものというよりも、お酒の中に含まれている不純物が二日酔いを誘発する可能性の高いことがわかってきました。醸造酒と比較すると不純物の含まれることの少ない蒸留酒の焼酎の場合、二日酔いしにくいわけです。アルコールの血中濃度は4分日本酒と比較して早く、アルコールが体から抜けるのは10分も早かったという実験データも出ているくらいです。

 

居酒屋などに行くと、焼酎はどの店にも置かれています。そのままやお湯割りにして飲んでもいいでしょうし、ホッピーや烏龍茶、緑茶などと割って飲む飲み方もあります。このように焼酎だけでもいろいろな味のバリエーションを楽しめますので、決して飽きることもないのではありませんか?二日酔い対策をしたいのであれば、焼酎を飲みましょう。

しじみ習慣