二日酔いに効くといえばやっぱりキャべジン

キャベツ
ウコンの力、ソルマック、ヘパリーゼなど二日酔いに効果ありとされているものはたくさんありますが、その効果はどれも肝臓の働きを助け、当座のアルコール分解を助けるというものです。どの二日酔い対策方法も確かに効果がありますが、お酒を飲んだことに伴う総合的なケアができるわけではありません。
今回注目したキャべジンはまさに二日酔い対策の総合ケアの王者と言える理由を発見しました。それはその特殊成分キャベジンによって脂肪分の取りすぎ対策や胃痛胸焼け対策にもなるからです。詳しく見ていきましょう。

 

キャべジンの二日酔い対策は他社の製品に見られるタウリンやウコンのクルクミンとは全く一線を画しています。それはキャベツだけに含まれるキャベジン(製品名と同じで別名ビタミンU)が少し違う方法で肝機能を高めるからです。

 

例えばタウリン系の二日酔い対策ドリンクは、胆汁の働きを活発化させ肝機能を一時的に高めます。
例えで言うといわば、馬に鞭を入れるように肝臓に鞭を入れ、アルコールの分解を早めさせるというような方法なのです。
つまりいつも飲むと身体の負担となるでしょう。

 

しかしキャベジンの場合は少し違います。
キャベジンは肝臓に吸収されるとまず行なうのが肝臓内の余分な脂肪分を代謝することです。
肝機能が滞る原因となっているものをまず取り除くことによって機能アップを図るという方法なので他の方法より肝臓に優しいのです。

 

さらにキャベジンはもともと胃腸薬なので食べ過ぎによって痛んでしまった胃の粘膜を回復でき二日酔い時に生じる胸焼けやむかつきが抑えられます。

 

まとめると次の3つの理由からキャベジンは二日酔い対策の王者にふさわしいと言えるでしょう

  1. 実際にアルコールを分解
  2. 脂肪分代謝
  3. 胃腸を整える

 

これらがすべてができる二日酔い対策はそうそうありません。

しじみ習慣