知っておくと助かる二日酔いのあのひどい頭痛から抜け出す方法

頭痛薬
ガンガンと割れるような二日酔いの痛みからどうすれば抜け出せるのでしょうか?知っておくととっても助かる情報をお伝えさせていただきます。

 

二日酔いの頭痛は通常の頭痛と少し違いがありますのでまずは原因を理解することです。二日酔いの痛みは次の三つのものが原因として生じると考えられます。

 

アデノシン

アデノシンは日本酒に多く含まれるもので、血管を膨張させます。朝までアデノシンが処理されずに血管内に残っていると、脳にいく血管も膨張しているため頭痛となるわけです。それを抑えるのはカフェインです。コーヒーを飲みしばらくするとこの種の頭痛は治まるでしょう。頭痛薬にも無水カフェインというものが含まれており、同様の効果が期待できます。

 

アセトアルデヒド

これはアルコールの代謝物の一つで有害物質です。体内に残ると頭痛を含めあらゆる悪影響を及ぼします。飲みすぎると朝までに肝臓がこのアセトアルデヒドを分解しきれずに血管内に残っているために頭痛が生じるのですが、この種の頭痛は時間がたたないと基本治りません。

 

長く寝るのが一番なのですが、どうしても出勤しなくてはいけないなどの理由があるでしょう。その時はやはりイブやロキソニンなどの頭痛薬を服用し痛みそのものを止めることになります。

 

低血糖症

これはアルコールの利尿作用によって血管内の水分が足りなくなると同時に血管内の糖分までもが失われることによって生じる頭痛です。

 

カギとなるのは水分補給です。
真水でも良いですが、吸収性のよいスポーツドリンクなどがあれば糖分も補給されもっとよいでしょう。

 

結論として、ガンガン頭が痛い日は1に水分補給2に頭痛薬(イブ・ロキソニンなど)です。
これが二日酔い痛みをいち早くとる秘訣でしょう。

しじみ習慣