漢方で体質改善し二日酔いしにくい体に

漢方
中国医学の結晶である漢方は二日酔いになりやすい体質の人を助けます。
漢方がいわゆる二日酔い対策ドリンクを飲むよりもよいのは次の二つの理由によります。

 

二日酔いしにくい体質へと改善させる
自然のものを使うゆえに体に優しい

 

もちろん二日酔いドリンクのほうが即効性は期待できます。しかしずっとそうしたドリンクを飲み続け肝臓に負担をかけるのは、長い目で見て決して体によいものではありません。もともとお酒に酔いやすく二日酔いの症状がひどい人は体質改善のために漢方を試してみるとよいかもしれません。

 

3つほど二日酔いに効果がある漢方を紹介いたします。

 

「半夏瀉心湯」

たとえば「半夏瀉心湯」(はんげしゃしんとう)という漢方はカラスビシャクという植物から作られた制吐剤で、消化器官の機能を改善させます。
よって二日酔いの嘔吐を抑える体質つくりに役立つことでしょう。他にも下痢体質も改善します。つまり二日酔い独特のむかつきを軽減する身体つくりには半夏瀉心湯という漢方が役立つというわけです。

 

「五苓散」

続いて二日酔いに効果があるのは「五苓散」です
利水剤として有名な漢方で、二日酔いにより血液内に水分が不足することによって生じる症状を改善させます。血管内に残っているアセトアルデヒドを排出させるのは血管内の水分量を保つことがカギとなります。消化器官から血管へと水を移動させる五苓散は二日酔いにピッタシの漢方と言えるでしょう。

 

「黄連解毒湯」

最後に紹介するのは「黄連解毒湯」です。
二日酔いの一つの症状はアルコールを処理しきれず身体の熱が排出されないことによって生じるものです。たとえば身体全体のほてりや顔面紅潮などは典型的な二日酔いによる症状です。この黄連解毒湯はそうした身体の熱を沈める身体づくりに役立ちます。

 

いちど二日酔い解消として漢方を試してみるのはいかがでしょうか。

しじみ習慣