事前準備不要!酒屋に着いてからでもできる二日酔いの防止対策

居酒屋
二日酔いのきつさは経験して初めて分かるものです。
もう二度と深酒はしないと思っていても友人から誘われ、また二日酔いをしたという人も少なくないでしょう。

 

事前に二日酔い防止のドリンクなどを飲めるといいのですが、上司や友人と一緒ではそれも難しいでしょう。
今回は事前準備不要で酒場についてからでも簡単にできてしまう二日酔い防止のテクニックをお伝えいたします。

 

胃を守る

アルコールはまず胃から吸収されますので、すきっ腹にたくさんのアルコールが流し込まれると、一気に血液内のアルコール濃度が高まります。
ですからコツは飲む前にアルコールが徐々に吸収されるように、胃に先に別のものを吸収させることです。

 

一番良いのは「ドレッシングの掛かった野菜を初めに食べる」ことです。
ドレッシングは吸収されるのにある程度の時間を要し、その分アルコールの吸収がゆっくりになります。

 

さらに初めに野菜を摂取することはお酒を飲むときにありがちな脂分の食べすぎ防止にもなり一石二鳥でしょう。

 

血液の循環を良い状態に保つ

アルコールは体内に吸収された後、血液を介して肝臓で分解されていきます。
ですから居酒屋でお酒を飲んでいるときに血流を良い状態に保ち、吸収されたアルコールをすばやく分解することがカギとなります。

 

そこで必要なのが「水をたくさん飲む」ことです。

 

ビールなどをたくさん飲んだら尿がたくさん出るので水分を摂取しているような感覚に陥りますが、単にアルコールに利尿作用があるからだけに過ぎません。
むしろ尿によって血液内の糖分が流されていますので、身体は一種の脱水状態になってしまうのです。

 

よってお酒を飲むときに同じ量水を飲んでいれば、常に体内の水分量を維持できます。

しじみ習慣

のどがカラカラのときのビールは格別ですが、二日酔い防止という観点からはもっとも賢明ではない飲み方です。二日酔いの傾向がある方は、アルコールを飲む前に少しの対策をなされるだけで二日酔い防止を行なうことができます。それはあるものをわずかスプーン一杯口に入れるだけなのです。何を口に入れるのでしょうか?それは脂肪分です。脂肪分?!少し意外に感じられる方もおられるかもしれませんが、これはアルコールの分解を効...

お酒を飲んでいるときのあることに注意していないと二日酔い以上の怖いことになるのを知っていますか?飲酒方法において次の4点の注意が必要です。すきっ腹に飲むのどが渇いているときに一気にビールを飲むととてもおいしいのですが、あまりに多くの量を飲んだり、ビールに続いて他のものを摂取せずにアルコール度の高いお酒を飲むととても危険です。すきっ腹は一番アルコールを吸収しやすい状態になり、胃と腸から大量のアルコー...

あーまた飲みすぎてしまった。飲みすぎで頭もクラクラという状態で「これはもう明日も二日酔い確実だな」と思うことでしょう。しかしまだ間に合います。簡単にできる次の3点を飲んだ後に実行すればかなりの程度、朝の二日酔いを防止できるのです。水をコップ2杯飲む真水かポカリスエットのような電解質の飲み物をコップ2杯飲むのには大きな効果があります。飲みすぎの状態ではフラフラするのは血中のアルコール濃度が高くなって...

飲みすぎてしまってそのままバタン。これは二日酔いになる典型的なパターンです。寝る前にコップ一杯の水を飲むと良いことはあまりにも有名です。アルコールを飲みすぎると一種の脱水状態になっているので、水分補給が何よりも重要だからです。今回は水を飲んだ後さらに行なったほうが良い、日本人ならきっと驚く二日酔い予防の2つの秘技をご紹介させていただきます。1、寝る前に「合谷」(ごうこく)というツボを押す。ツボの場...

二日酔いに一番なりやすいのは何も食べずにひたすら飲み続けるパターンです。おつまみを食べながら飲むことは二日酔いを防ぐのにとても重要な要素となります。どんなおつまみが翌日の二日酔いを防ぐのでしょうか?今回はおいしくて二日酔いに効果があるおつまみベスト5を選んでみました。アサリ居酒屋メニューにある「アサリのバター焼き」などは二日酔い防止に効果があるおつまみです。アサリに含まれているタウリンという物質が...