二日酔いは肝臓からの警告だと思うべし

警告
二日酔いとは有毒な物質を肝臓で処理しきれないことによって生じる現象といえます。アルコールの分解の過程の中で、アセトアルデヒドという有毒な物質が生まれ、本来は肝臓で処理され無毒化します。このアセトアルデヒドの分解が追い付いていかないと二日酔いとなって、体にいろいろな症状が現れます。

 

人によって、アルコールの分解能力には違いがあります。特にお酒に強い人といわれますが、このような人はなかなかお酒を飲んでも二日酔いにはなりにくいです。これはアルコールの分解能力が大きいのでしっかりとアセトアルデヒドの分解ができるので、二日酔いになりにくいのです。ところがお酒に弱い人は、この分解能力があまり高くないのでアセトアルデヒドが残りやすいために、二日酔いになりやすいわけです。

 

つまり二日酔いにたびたびなるという人は、肝臓の機能があまり高くないわけです。よってあまりお酒をたくさん飲むべきではありません。肝臓にはほかにも体内に吸収された栄養分を蓄え、より体に吸収されやすいように栄養分の分解を行う、栄養素を変化させて体の隅々に栄養分を運搬するなどの大事な働きがあります。このような多種多様な働きをしているうえで、さらにアルコールの分解もこなしていかないといけなくなります。肝臓の働きのあまり高くない人がアルコールを頻繁に飲めば、オーバーワークになってしまうわけです。

 

また若いころはほとんどお酒を飲んでも二日酔いにならなかった人が、ここにきて二日酔いに悩まされるようになったというケースもあるでしょう。これは肝機能が飲みすぎもしくは加齢によって、低下しているのが関係しています。昔のように肝臓が働いてくれなくなっているので、お酒の量を見直してみましょう。

しじみ習慣