二日酔いで胃痛になっているのであれば、胃に負担をかけない食事をすること

胃痛
二日酔いの症状の中で、胃痛を訴える人も多いです。大量にアルコールを摂取した翌日は、アルコールや胃酸の刺激によって、胃粘膜がだいぶ荒れた状態になっている可能性が高いです。このため胃に痛みを伴うことがあるわけです。その他にも、胃痛の原因としてアセトアルデヒドという物質が関係しています。

 

アセトアルデヒドとは、アルコールを分解するときにできる中間物質で、非常に毒性の強い成分といわれています。この毒性は、胃をはじめとしてさまざまな内臓に悪影響をもたらすといわれています。このため、胃痛などの諸症状を引き起こしたと考えられます。

 

もし二日酔いによって胃痛を発症させてしまったのであれば、とにかく胃をやさしくいたわることが大事です。体を回復させるためには、栄養補給を行わないといけません。しかし栄養補給といっても胃痛を抱えている人の場合、なかなか普通の食事をして栄養補給するのは難しいでしょう。しかし胃が痛むからといって食事をせずに栄養補給をしないと、二日酔いからの体力回復がなかなか望めなくなります。そこで胃にやさしい食べ物をゆっくりで構わないので食べる習慣をつけるようにしましょう。

 

たとえば、うどんやおかゆといった食べ物は消化にいいですし、胃に負担をあまりかけません。かつ必要な栄養分を摂取できますので、食べてみるといいでしょう。麺やご飯を水に入れて沸騰させるだけでできますので、体調が悪くても自分で作れるのではありませんか?その他には胃腸薬がいろいろと販売されています。この胃腸薬を摂取して、痛みの症状をとりあえず落ち着かせるという方法もあります。ドラッグストアで販売されているのでチェックしてみましょう。

しじみ習慣