年齢が上になればなるほど二日酔いになりやすいのには理由がある

年齢若いころはいくらお酒を飲んでも一晩しっかり眠ればいつも通りに翌日を迎えられたはずなのに、最近になってお酒を飲んだ翌日は二日酔いの影響で体がだるいと感じる人はいませんか?このように若いうちはお酒をいくら飲んでも二日酔いにならなかったのに、年齢が上になればなるほど二日酔いになりやすくなる人は多いです。これは一種の老化現象が関係しています。年齢が上になればなるほど、老化現象で体の各機能がどうしても低下してしまいます。もちろんその中には、肝機能も含まれません。

 

若いころはアルコールを分解するだけの能力があっても、老化現象とともにアルコールの代謝能力が低下して、今まではこの程度の酒量では大丈夫だったはずなのに二日酔いになってしまうことはままあります。また特に長いこと大量に飲酒をしてきた人の場合、肝機能が弱くなっている可能性があります。そうなるとますます代謝機能が衰えやすくなりますので、二日酔いになりやすくなります。ある程度のいい年齢になれば、お酒も控えめにした方がいいわけです。

 

また若ければ若いほどいいかというと、そう簡単な話ではありません。たとえば未成年者はまだ体が十分に発達しきっていません。このため、アルコールを分解する酵素がうまく機能しないのです。このため、悪酔いや二日酔いを引き起こす可能性が高いです。未成年者はお酒を飲んではいけないと法律でも明記されていますが、これは法律上だけの問題ではなく肉体的にもまだそれだけの能力を有していないからという事情もあるわけです。年齢と二日酔いには密接な関係がありますので、注意してほどほどにお酒を楽しみましょう。

しじみ習慣