貧血になってしまうのは前の晩のお酒のせい?

貧血
貧血のように頭がぼっとした状態になる、立ちくらみが起きるという症状に悩まされている人はいませんか?このような症状が何度か起きると、何か病気にかかっているのではないかと不安になってしまう人もいるでしょう。しかしもしお酒を飲んだ翌日に貧血のような立ちくらみやめまいの症状が起きるというのであれば、お酒が関係していると考えられます。実は二日酔いの症状の中の一つに、貧血があるといわれています。

 

なぜお酒を飲むと貧血になってしまうかというと、いくつか原因があります。まずお酒を大量に飲むと血圧が低下することがあります。一時的に低血圧になると、頭の血液がうまく回っていかずに、貧血のような症状を呈することがあります。もし低血圧が原因で貧血になっているのであれば、シャワーを浴びてみると症状が緩和される可能性があります。しばらく安静にしていてもいいというのであれば、足を高くした状態でしばらく横になってみても、症状緩和が期待できます。

 

またお酒を飲むことで、血中の血糖が急激に低下する人もいます。このような低血糖症を引き起こしていると、貧血の症状が出てくることもあります。特に体調があまりよくない時にお酒を飲んでしまうと、貧血のような症状が起きているのであれば、低血糖症を疑った方がいいかもしれません。このような場合には、とにかく糖分を補って血糖値を高めることに専念する必要があります。

 

氷砂糖や糖分を含む飴やチョコレートを口に含んでみましょう。雨の中には健康を家が得て低カロリーやノンシュガーのものがありますが、これをなめてもあまり効果はないので注意しましょう。このような対策で貧血の症状を緩和してみてください。

しじみ習慣