二日酔いにならない人はここが違った!

人々
同じくらいお酒を飲んでいるのに二日酔いになってしまう人と全く二日酔いにならない人がいます。特にお酒に弱い人にとっては「あの人は二日酔いにならない人だからうらやましいなぁ」と思うこともあるでしょう。では二日酔いにならない人は何が違うのでしょうか。

アルコール分解能力が高い

お酒の中に含まれているアルコールは人体にとって毒ですので分解してあげなくてはなりません。さらに分解することによって生じるアセトアルデヒドもまた強力な毒素です。二日酔いにならない人というのはアルコールの分解処理能力が高く、なおかつアセトアルデヒドの処理能力も高い傾向にあります。これは肝臓の機能などが直接的に影響していると考えられています。もちろん先天的な処理能力の高さもありますが、二日酔いにならないように注意している人は肝臓の機能を高める、例えばウコンなどを飲んでから飲み会に参加しているように心がけている方も多いです。

 

お酒と一緒に水分補給

アルコール分解能力と深い関係があるのは肝臓の強さだけではありません。お酒を飲む時に一緒に水分補給をきちんと行えている人は二日酔いにならない人に近づくことができます。というのも、アルコールを分解するときに大量の水分が必要だからです。すぐに二日酔いになってしまうという方はお酒を飲む時に一緒に水分補給をしていないのではないでしょうか。また、お酒を飲んだ後にすぐに寝ている人も要注意。きちんと水分を取ってあげることによってアルコールを分解しやすい状況を作ってあげることができます。

しじみ習慣