飲み過ぎた翌日下痢が止まらない…これも二日酔いの症状?

下痢
お酒をたくさん飲んだ翌日に、どうもお腹が緩くなるという症状を持っている人も多いでしょう。実はあまり知られていないことかもしれませんが、二日酔いの症状として下痢を引き起こすことが考えられます。

 

二日酔いと下痢の関係ですが、まずストレスの関係している可能性があります。ストレスを人間は感じると、腸の蠕動運動がいつも以上に激しくなります。その結果、どんどん便を外に押し出そうとする働きが激しくなります。通常であればある程度便はとどまって、大腸で水分を吸収するのですが、蠕動運動が激しすぎると十分に水分を吸収する前に便が体外に出てしまいます。このため、水分を多く含む、いわゆる下痢の便が出やすくなってしまいます。

 

その他には、すい臓が下痢に関係していることも考えられます。アルコールを大量に摂取すると、すい臓に影響をもたらします。膵臓から本来分泌されるはずだった分泌物の効率が悪くなって、本来脂肪は分解されていないといけないのに不十分な状態で大腸に送られてしまいます。するとこの分解しきっていない脂肪が大腸における水分の吸収を妨げてしまうのです。

 

その結果、下痢となって症状が現れやすくなるわけです。
またビールを大量に飲むと、翌日決まって下痢を引き起こすという人はいませんか?もしそのような症状を抱えているのであれば、ビールが原因かもしれません。ビールに含まれている成分が腸管内に到達すると、大量の水分がたまります。その結果、下痢の症状を引き起こしやすくなります。もしお酒を飲むと下痢をする傾向があれば、少しの無料を控えてみると症状が改善する可能性もあります。

しじみ習慣