二日酔いになると眠気が取れないのは睡眠の質が落ちているから

眠気
歓送迎会などでたくさんお酒を飲み、翌日は案の定二日酔いになってしまった。二日酔いになるとなぜか眠気が延々と続くことがあります。仮に十分な睡眠時間を取ったとしてもなぜか眠気が続くことも。ではどうして二日酔いになると眠気が起こりやすいのでしょうか。

お酒を飲むと睡眠の質が極端に下がる

私たちはアルコールを摂取すると睡眠の質が極端に下がります。そのため二日酔いになるほど酒を飲むとたっぷり寝たはずなのに全然寝た気にならないこともあります。睡眠の質が悪いと当然眠気が起こりやすくなりますので、これが原因で二日酔いによる眠気が発生するというわけです。

 

どうしてお酒を飲むと睡眠の質が下がってしまうのかというと、まず1点が体内時計が狂ってしまうことにあります。お酒を飲むと交感神経に強く働きかけてしまうため、これが体内時計をおかしなものにしてしまいます。早い話が二日酔いの状態は「時差ぼけ状態」と同じようなものだと考えてください。

 

また、睡眠の質と深い関係のある成長ホルモンにも悪影響を与えてしまいます。成長ホルモンによって私たちは寝ている間に身体の細胞を修復したり、健康な状態を保つことができているのですが、アルコールは成長ホルモンの分泌量などを減らしてしまうために浅い睡眠しか取ることができなくなって結果二日酔いと共に眠気が残るわけです。

 

身体が休みたがっている

アルコールを分解するには肝臓をフル稼働させなくてはなりません。二日酔いになるほどのアルコールを摂取していれば肝臓は場合によっては1日以上フル稼働しなくてはならず、結果的にかなりの体力を消耗してしまうことになります。体力が消耗されると睡眠をとって体を休めたいのは当然のことです。その結果眠気が起こります。

しじみ習慣