二日酔いで発熱する理由とは?原因と対策方法

発熱
お酒を飲んで二日酔いになると様々な症状が引き起こされます。多く見られるというわけではありませんが症状の1つに「発熱」が挙げられます。程度は人によって異なりますが、微熱程度で済む人もいれば38度を超えるような強い発熱を起こしてしまうことも。

 

どうして二日酔いになると発熱するのかというといろいろな原因が挙げられます。

アルコールによる熱放出

二日酔いで発熱が起こる最大の理由は「熱放出」にあります。アルコールを摂取すると血管が拡張して血液の流れが劇的に良くなります。これがお酒は健康に良いと言われている理由なのです。お酒を飲むと身体がポカポカと暖かくなりますよね。しかしこれは一定時間経つと落ち着いてくるのが普通です。

 

しかし二日酔いになるほど大量のお酒を飲んでしまうと血管が拡張したままで収縮されない場合があります。そうなると体の中の熱が放出され続ける状態になってしまい、発熱に繋がるというわけです。

 

ちなみに、この熱放出の状態が続いていると体温を上げるために大量のエネルギーを消費しなくてはならず、強い疲労感や倦怠感が現れることがあります。また、人によっては寒気を感じて身体が震え出すこともあります。

 

ゆっくりと休むことが最も効果的

では二日酔いによって発熱してしまったときはどう思うに対処すれば良いでしょうか。最も良いのはゆっくりと休むことです。
二日酔いによって血管が拡張している状態はアルコールによる自律神経の働きが鈍っていることも原因のひとつとなっています。ある程度体内のアルコールが分解されると自律神経の働きを元に戻り、次第に熱が落ち着いてきます。
もしもあまりにも高い熱が出ている場合はアイスノンなどを使って脳が熱にやられないように工夫してあげましょう。
また食欲があるのなら栄養をとり、水分も普段より多めにとっておくと良いです。

しじみ習慣