ガンガンくる二日酔いの頭痛の原因はアセトアルデヒド?

頭痛
お酒を飲み過ぎた翌日、起きてみるとガンガンひどい頭痛を発症することがあります。もう何も考えられなくなって、会社を休まざるを得なくなるほどひどい症状に見舞われることもあります。二日酔いの代表的な症状の中の一つに、この頭痛があります。なぜお酒をたくさん飲むと、頭痛を発症してしまうのでしょうか?

 

頭痛の原因にはいくつかあるのですが、アルコールを分解する過程の中でアセトアルデヒドという物質が生成されます。このアセトアルデヒドは有毒物質で、これが体内にたくさん残っている状態になると頭痛を引き起こしやすくなるといわれています。アセトアルデヒドが原因の頭痛の場合、実はかなり厄介です。アセトアルデヒドを分解できるような薬はなく、ひたすら皆さんの体がアセトアルデヒドを分解してくれるまで待つしかないのです。

 

その他にも頭痛の原因はあって、頭全体というよりも、特定の箇所だけが痛む偏頭痛に悩まされるケースはありませんか?これは、血中にアルコールが残ることで、血管が拡張し神経を圧迫することによって生じていると考えられます。この場合には、コーヒーやお茶などのカフェインを多く含む飲み物を飲みましょう。カフェインには血管を収縮させる効果がありますので、神経の圧迫による痛みを取り除けます。

 

さらには脱水症状を起こしているので、頭痛の起きているケースも見られます。この場合には、とにかく水分補給をすることが大事です。水を飲んでもいいのですが吸収効率という面で考えてみると、スポーツドリンクを飲んだ方がより早く症状が治まる可能性が高いです。しかもスポーツドリンクには糖分や塩分が含まれていて、肝臓の栄養分になりアルコールの分解ペースを早めてくれる効果も期待できます。

しじみ習慣