二日酔いが抜けない!長引く!その理由と対処方法

長引く
楽しくお酒を飲んで次の日は二日酔い。歓送迎会シーズンになると二日酔いに悩む方も増えます。二日酔いの程度というのはほとんどは酒を飲んだ量に比例するのですが、時には全く二日酔いがん抜けない、いつまでも長引くこともあります。そこでここでは二日酔いが抜けない、長引く理由とその対処方法を紹介していきます。

二日酔いが抜けない、長引く理由

そもそもどうして二日酔いが長引くのかというと体の中に大量のアセトアルデヒドという毒素が溜まってしまっているからなんです。アルコールを分解するのは肝臓の働きなのですが、かなり負担をかけてしまいます。結果、アルコールを分解するのに力を使い切ってしまい、アルコールを分解した際に生成されてしまったアセトアルデヒドを分解する力が残っていない場合があります。そうなると、肝臓の機能を回復させながら処理していかなくてはならないためどうしても二日酔いが抜けにくく、長引いてしまうというわけです。ちなみにアルコールを分解、アセトアルデヒドを排出する能力というのは個人差が非常に強いです。特に日本人はアルコールに対して弱い民族です。

 

肝臓機能を高めてあげよう

では抜けない、長引く二日酔いを少しでも早く解消するにはどうすれば良いでしょうか。最も効果的なのは肝臓機能を高めてあげることです。肝臓の機能を高めるには様々な方法があります。代表的なものとしてウコンがあります。ウコンはお酒を飲む前に飲んでおくと良いと言われている漢方にもよく使われているものです。ウコンによって肝心の機能を高めてあげると二日酔いになりにくく、さらに長引く二日酔いを早く解消することができます。またこまめに水分を取ってあげることで肝臓がアルコールやアセトアルデヒドを分解しやすい環境を作ってあげることができるので覚えておきましょう。

しじみ習慣