二日酔いが治ったと思ったらまたやってくるぶり返しの謎

再発
二日酔いの症状に苦しんでやっと治まった!と晴れやかな気分でいるとまた頭痛や吐き気がやってくるいわゆる「ぶり返し」は本当に不思議なものです。どうして二日酔いにぶり返しが起こるのでしょうか。

 

体内に毒素が残っている

二日酔いのぶり返しの主な原因は身体の中に毒素が残っていることが挙げられます。アルコール自体も毒素なのですが、アルコールを分解する際に生成されてしまうアセトアルデヒドもまた強力な毒素です。二日酔いを引き起こす原因はほとんどがアセトアルデヒドが身体の中に残っていることが原因なのですが、一時的にアセトアルデヒドが無くなったと思っていても実は残っていることがあります。これが原因でぶり返しが起こるというわけです。要はきちんと二日酔いがまだ治っていなかったというのが大きな理由だということになります。

 

消化器官の不良

アルコールを摂取すると消化器官に大きな負担をかけてしまいます。特に胃や腸は思っている以上のダメージを受けています。二日酔いの症状と消化器官の不良による症状はとても似ている部分が多く、実際は二日酔いのぶり返しではなく消化器官を調子が悪いために吐き気などが起こっているというわけです。この場合だと症状がかなり長引いてしまうこともあるので安静にすること、消化器官優しい食べ物を積極的に選ぶようにすると良いでしょう。

 

風邪を引いた

二日酔いになるほど大量の酒を飲むと肝臓や腎臓はアルコールの分解でフル稼働状態になります。その結果体の免疫機能などに衰えが出てくる場合があり、そこから知らないうちに風邪をひいてしまうことがあります。しかし直前まで二日酔いとして苦しんでいたため、風邪の症状がそのまま「二日酔いのぶり返し」として認識されてしまうことがあります。もしも二日酔いによって風邪をひいてしまったのなら薬を飲んで安静にするのがベスト。

しじみ習慣