お酒を飲んで胃があれるので翌日の腹痛は二日酔いのせい

腹痛
お酒を飲み過ぎた翌日の朝は胸やけや吐き気の他にも、腹痛を伴うという人は多いようです。中にはまったく食欲がなくなってしまって、食べ物がのどを通らない状態になってしまう人もいるといいます。なぜこのようなひどい腹痛に見舞われるかというと、胃がアルコールによって荒れていることが原因とみられています。アルコールを胃の中に入れると、胃の粘膜に対してかなりの刺激を与える結果になりかねません。このため大量にアルコールを摂取してしまうと、胃の粘膜がかなり荒れた状態になってしまうわけです。

 

皆さん工夫の状態でアルコールを流し込んだ経験はありませんか?そのような経験をしたことのある人は知っているはずですが、胃がカーッと熱くなる感じを実感できると思います。これは胃の粘膜をダイレクトにアルコールが刺激することによって生じたものと考えられます。

 

胃の粘膜を刺激すると、体がそれに反応して大量の胃酸を分泌させます。私たちの意は、胃酸と胃粘膜のバランスが微妙に保たれています。ところが胃酸がアルコールを入れたことで大量に分泌されてしまいます。その結果、胃の粘膜が胃酸によってやられてしまって、胃の粘膜がひどく荒れるわけです。

 

ですから、お酒を飲むときにはほどほどにしておくことが翌日の二日酔い対策の観点から見ても重要になります。またお酒を飲むときには、何かつまみを一緒に食べながら飲むように心がけることも二日酔いに伴う腹痛対策としては重要です。食べ物と一緒にアルコールを入れることによって、アルコールが胃の粘膜とダイレクトに接触する頻度を下げてくれます。その結果、胃への刺激も軽減される可能性が出てくるわけです。

しじみ習慣