二日酔いになると全身痛が起こるのはどうして?

痛い
二日酔いの程度というのは人によって異なりますし、同じ人でもその時々の体調や飲み方によって症状が随分と違ってきます。中でもかなりきつい二日酔いの症状として「全身痛」が挙げられます。

 

全身痛にもいろいろな種類がありますが、多くは体中の筋肉が痛くなる、皮膚の表面が痛くなる、骨が痛くなるといった症状が見られます。ではどうして二日酔いになると全身痛が起こるのでしょうか。

 

一番の理由はアルコールを分解することによって生じるアセトアルデヒドによるものだと考えられています。アルコールそのものも身体にとっては毒なのですが、分解する際に生じるアセトアルデヒドは比べ物にならないほど毒性の高い物です。二日酔いになるほどたくさんのお酒を飲むと体中にこのアセトアルデヒドが巡るようになってしまいます。

 

このアセトアルデヒドが直接全身痛を引き起こしているというわけではありませんが、血管が過剰に収縮してしまったり、交感神経を強力に刺激し続けてしまったり、血行障害が起こってしまったりといった様々な症状を引き起こします。例えば、私たちの身体は常に血液が巡っていないと細胞が壊死してしまうわけですが、アセトアルデヒドによって血液の流れが極端に悪くなると筋肉や皮膚などの働きが極端に低下してしまいそこから痛みが生じる場合があります。これが全身痛の原因です。

 

そうならないようにするためには自分が飲んでも大丈夫なお酒の量をきちんと把握すること、つまり飲み過ぎないようにすることが正解です。もしもすでに全身痛が起こっている場合は無理をせずに安静に過ごすのがベスト。

しじみ習慣